rokiの戯言

コミュ障のコンピュータオタクがなんかほざきます。

Plextor M5S 導入!!

どもども~ 例年より梅雨明けが早かった所為でとんでもない猛暑が続いていますね;;

 

さて、先週ごろから数カ月ぶりにMS FSXを引っ張り出してきてPCにインストールして遊んでいます。時々すごくやりたくなるんですよねww

しかしこのゲーム、地球上どこへでも行けるというリアリティ故にデータがとても大きいんです;;

素の状態で20Gbyteくらい、好きなアドオンを追加していくと30Gbyteは下りません(´・ω・`)

 

私は システムドライブは128GbyteのSSDで十分だ!! というスタンスでCrucial M4 128Gbyte を使っていたのですが、諸環境やらゲームやらをインストールしていくとジワジワとシステムドライブの使用量が増えていき、結局は残り容量を気にしてゲームをアンインストールしたりまた入れ直したりを繰り返していました。

まぁ何度も同じデータを書いたり消したりするというのは、SSDだと寿命の無駄使いだし、そもそも面倒くさいものです(-3-)

 

そんな風に思っていたところに某PCパーツショップの値引き情報が入ってきたので勇んで秋葉原へ散財しに行って来ました。

 

今回の散財はコレです

 

f:id:roki0gjm:20130720180858j:plain

Plextor M5S 256Gbyte と elixir DDR3 1333 4Gx2 のメモリです。

メモリはちょっとサーバーに付け足そうと思って買ってみました。

 

本題はSSDの方です。

この Plextor M5S はコントローラとフラッシュメモリの仕様が変更になって2ch界隈で散々叩かれていましたが、他のレビューサイト様等を見てみると別段大きな問題があるわけでも無さそうなので購入に踏み切りました。

 

公称スペックは

SATA 6Gbps対応

読み:520Mbyte/s

書き:390Bbyte/s らしいです。

 

パッケージの内容と外観です

f:id:roki0gjm:20130720182200j:plain

ペラ紙の説明書と本体が入っているだけでした、シンプルでいいですね。

 

f:id:roki0gjm:20130720182304j:plain

f:id:roki0gjm:20130720182222j:plain

筐体がヘアライン加工されていて綺麗なのはいいんですけど、PCケースの中に収めてしまうので日頃眺めてニヤニヤすることは無さそうですww

あとは普通のSATAのSSDです、特筆することは有りません。

 

今まで使っていたM4 と今回買った M5S のツーショット

f:id:roki0gjm:20130720194912j:plain

 

早速取り付けてベンチマークをしようと思ったのですが、

電源コードが余ってないという事態が判明Σ( ̄ロ ̄lll)

仕方がないので光学ドライブの電源ケーブルとSATAケーブルを拝借しました。

f:id:roki0gjm:20130720190750j:plain

こんな感じでテキトーにぶら下げられるのもSSDの良いところですよね(*^^)v

で、以下ベンチです。

f:id:roki0gjm:20130721023916p:plainf:id:roki0gjm:20130721023922p:plain

1Gbyteと4Gbyteでそれぞれ測ってみましたが、いずれの場合も公称スペックを下回ることはありませんでした。書き込みが400MB/sに迫るというのには今更ながら驚かされます。

 

比較の為にCrucial M4 128Gbyteでも計測してみました。

f:id:roki0gjm:20130721024356p:plainf:id:roki0gjm:20130721024339p:plain

恐らく容量が128Gbyteのために並列書き込み性能が劣っているからだと思われますが、書き込み速度が圧倒的に遅いです。

3年ほど使用しているし、容量も異なるのではっきり言って比較の対象にはならないと考えられますが、この製品からM5Sに乗り換えるのなら容量増大と速度向上という点で大いに有意義だったと納得できます。別に自己満足なんかjy...

 

ベンチマークもとってひと通り満足したところで環境の移行です。

移行には Acronis Ture Image Home というバックアップソフトを使用しました。

有料で6000円ほどするソフトですが、個人向け製品は企業向け製品の機能を削ったものなので信頼性があると思って買っています。

このソフトでディスクのクローンを作成します。

f:id:roki0gjm:20130721025629p:plain

システムドライブをコピーするため、再起動してacronisの隠しパーティションからブートして処理が行われます。

f:id:roki0gjm:20130720193454j:plain

 

数分待つと問題なく処理が完了したので、UEFIの設定を変更してM5Sから起動すると、すんなりとWin7が起動してくれました。

システムドライブを交換するだけなら再度ライセンス認証を行う必要はないようですね。

 

さて、折角なのでwin7の起動時間対決を行なってみました。

「Windowsを起動しています」の表示が現れてからログイン画面へ遷移するまでの時間を競います。

 

結果、大差なし。

はっきり言って何も変わりません、多少速くなってる気がしますがまぁ誤差でしょう。これ以上はwin7の起動プロセス自体の問題だと思われます。

 

コントローラがどうの、メモリチップがどうのと騒がれたPlextor M5Sですが、普通に使うには何の問題もないようです。

長々と書いてしまいましたが、ここまで読んで下さった方お付き合い有難うございました。

 

ではではノシ~